お知らせ

メニューMENU

お知らせ

2016.09.04..【学会・研修】第7回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会で発表しました

平成28年9月3日(土)4日(日)
第7回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会が京都薬科大学(京都市)で開催されました。
今回はシンポジストとして「当薬局が経験した患者と医療従事者との関わり方と情報共有の必要性について」の発表をしました。
このシンポジウムは、かかりつけ薬剤師活動を先駆的に取組んできたプロジェクトである薬剤師中間介入研究(PIIS)の成果を検討することがテーマでした。
PIISは、薬剤師が次回診察までの期間に介入することで、服薬状況や症状の改善、副作用の早期発見と防止などに貢献することができるのかという研究です。てまりグループでも去年の5月からこの研究に参加し、現在も取り組んでいます。
当日の応援に和田執行役員社長もかけつけてくださり、100名ほどの聴衆の前でとても緊張しましたが、とても良い経験になりました。
詳しくは「てまりさんのブログ」からどうぞ。

お知らせ 一覧



Copyright(c) 2019 Spatel Co.,Ltd. All Rights Reserved.